脱毛

  • HOME >>
  • いろいろな脱毛サロンがあって、どこを利用しようか

いろいろな脱毛サロンがあって、どこを利用しようか

いろいろな脱毛サロンがあって、どこを利用しようか迷いますが、個人経営の脱毛サロンを選ぶのはやめておいた方がいいかもしれません。


なぜなら大手と比べて、施設や脱毛機器が古かったり劣ったりすることが多く、いきなり倒産するかもしれないというリスクがあります。


事情があって個人経営のお店を通いたい場合には、支払い方法を都度払いにするか、もしくはローンを組むのがおすすめです。もしある日突然お店が潰れてしまった、などと言った場合に備える意味で、現金前払いは止めておくのが無難です。
脱毛ラボの店舗はどこのお店であっても駅のそばにありますので、仕事の後やお買い物ついでにふらっと寄ることができます。


脱毛サロンと言うと勧誘が凄そうなイメージがあるかもしれませんが、脱毛ラボのスタッフは強引な勧誘をすることは禁じられていますので通うのに不安になることはありません。満足いただけなければ全額返金する仕組みがあるほど自信を持って施術を行っている脱毛サロンです。

先日、脱毛サロンの特集や脱毛時の注意点が書いてある雑誌を読みました。
生理中は、肌が敏感になっているので、脱毛サロンへ行く時は生理時はやめた方が良いと書いてありました。まったく知識がなかったので、とてもよく分かりました。

来週、永久脱毛のモニターとしてサロンへ行くので、効果に期待しています。Be・Escortの特徴はずばり体のどの部位を脱毛しても同じ料金で脱毛してもらえるという、均一の価格設定にあるといえます。格安料金をウリにしているお店もありますが、脇の価格が破格でも、背中や腕、脛などその他の部位となると割高という脱毛サロンも、なくはないですから、料金設定があきらかなのは、ユーザービリティが高いです。ジェルを使わないで肌に光をあてていく光脱毛なので、1回の施術にかかる時間が短くて済みます。頭がぼんやりとした状態で光脱毛を実施すると強烈な痛みを伴う場合があります。

そんな場合は、照射レベルを低くしてくれるようにお願いするか、アフターケアを充分に行わないと、何らかの影響が肌に出てきてしまうでしょう。


一般に、光脱毛は短い時間で完了するため、気分がすぐれなくても、せっかく入れた予約を無駄にしたくないと思いがちですが、無理矢理受けない方が賢明です。
パナソニックのビューティー家電のひとつ「ソイエ」という脱毛器は、ムダ毛を挟んで脱毛するので個人差もありますが、痛いです。いちいち毛抜きで抜くのに比べれば手軽ではありますが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもというデメリットもあるようです。

とはいえ、ソイエは長く続いた定番商品ですので利用者も多く、繰り返し脱毛することで痛みが軽くなってくるそうです。痛みがあまり気にならない方なら使えるかもしれません。脱毛サロンに行くと、女性的な脇や足になれるし、施術してくださるエステティシャンの方と楽しい時間が過ごせるし、いいことづくしだと思います。

悪い事としては、費用がかかってしまうことです。

そして、脱毛サロンによっては、何度も勧誘されてしまうこともあります。



でも、近年では、強引な勧誘は禁止されているため、はっきりと断れば大丈夫です。実は脱毛サロンにおける脱毛処理では、「永久脱毛」は実現できません。


毛根やそれを育てる細胞を完全に死滅させる永久脱毛ができるのは、医療脱毛だけなので、気をつけるようにしてください。


永久脱毛を宣伝している脱毛サロンがあればそこは信じてはいけません。


脱毛サロンで使用されている機器の出力は制限されており、完全に育毛細胞を破壊しきれないので、ムダ毛を根絶することができないため、永久脱毛を希望するなら脱毛クリニックを利用してください。エステサロンでも、脱毛専門のサロンのことを指します。

脱毛以外のメニューはないため、エステティシャンのスキルがアップしやすくなるのです。さらに、体ヤセやフェイスコースなどの別メニューを勧めるところはありません。最近では、手の届きやすい値段になってきたということもあって、脱毛サロンに依頼する女性が後を絶ちません。


脱毛サロンで施術を受けるときは、その方式によって事前に利用者が気をつけておく点があります。
サロン側で事前に説明してもらえますが、まだサロンを利用したことのない方は、ご一読いただき、こんなものかなと思っていただけると幸いです。一般的な光脱毛の場合、予約日の前にはあらかじめ自分で剃るなどして、ムダ毛をきれいに処理する必要があります。ムダ毛があると光が余計な場所にあたってしまうので光脱毛のライトがムダ毛の黒いところに反応してしまって、本来作用すべき毛根のメラニンにきれいに当たらないばかりか、拡散してしまって効果が得られないのです。安全性と効果をきちんと提供しているサロンでは、施術が受けられなかったり、安全管理の厳しいお店では施術のための説明を最初からやり直したりして、もし施術してくれたとしても、施術時間のほとんどが説明時間だったりしたら、せっかく予約したのに残念です。
それから、事前準備としての自己処理ですが、「脱色」「抜く」など毛根のメラニンを損ねる方法だと作用すべきメラニンがなくなってしまうと、光脱毛の効果が得られなくなってしまいます。自己処理したあとの黒いブツブツが気になるかもしれませんが、光脱毛の場合はその黒い部分が残っていることが良い結果につながるのです。「剃る」か「溶かす」か、どちらかの方法で毛根を残すようにすることが大切です。
普段の自己処理では黒いのを残さないように徹底するかもしれませんが、あくまでも光脱毛のための下準備と思って処理すれば気軽ですし、施術の効果も得やすくなります。

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 美容show All Rights Reserved.